HOME 個人情報について
兵庫県教職員組合

専門部の活動(青年部)

みなさんこんにちは!兵庫県教職員組合「青年部」です。
「青年部」では、教育力量の向上をめざして、仲間とともに学びあい、仲間と本音で語り合う教育実践講座や学習会などを開催しています。また、夏のサマーセミナー(毎年約250名が参加)などのイベントを企画し、若い教職員が楽しく集まれる場を提供しています。
本気で学び、本気で楽しむ青年部活動に、みなさんぜひ参加して下さい。お待ちしています。


<<  2     >>

青年部「語り継ぎ」学習会を終えて

青年部「語り継ぎ」学習会を終えて
青年部「語り継ぎ」学習会を終えて
青年部「語り継ぎ」学習会を終えて
分散会では、8つのグループに分かれ、「平和教育」「防災教育」「同和・人権教育」「インクルーシブ教育」「ジェンダー平等(男女共生)教育」をテーマに講師と青年部役員が、教育研究活動のとりくみや悩み、実践について意見交流をおこないました。支部・地区を超えて仲間と思いを共有できたことは大きな成果となりました。参加者からは、「組合はみんなが団結して活動することにより、現場の教員や子どもたちへの支援につながっていると改めて感じました」「兵庫県の“こころの通いあう”学校運営がなぜスタートしたのかが分かりました」「最初は緊張していましたが、話し合いが始まると、とても穏やかな雰囲気で話ができました」「他府県の働き方の実態や教研の意義を聞き、兵庫の働きやすい環境や活動する大切さを感じました」「先輩方が今までにとりくんでこられた組合活動があってこその今がある」「どの分散会も学びが多く、またそれらを“語り継ぐ”ことが大切なんだと感じました」「支部ごとに全くとりくみが違い、たくさん意見交換ができて勉強になりました」という感想がありました。


勤務条件・制度が整えられている中、組合活動が見えにくくなっている青年層にとって、兵教組運動をすすめてこられた先輩方のとりくみ・実践を知ることは、大変貴重な機会となりました。今後も、青年部として“兵教組運動の語り継ぎ”を位置づけ、本部としても組合活動の“見える化”運動をすすめています。

第21回近畿ブロック青年部交流学習会に参加!!!

第21回近畿ブロック青年部交流学習会に参加!!!
第21回近畿ブロック青年部交流学習会に参加!!!
第21回近畿ブロック青年部交流学習会に参加!!!
分科会は、各単組から参加体験型の「音楽×ICT~特別支援の視点から~」「マツコの知らない『アンプラグドゲーム』の世界」「『けん玉』でつながり合おう」「楽しく遊ぼう(チェミッケノルジャ)♪」「子どもの可能性を引き出す、動ける身体の作り方」「おおさかおもてなしパッケージ」「カルメン 〜全員参加の音楽〜」「『エンジョイ サイエンス!!』~理科好きの子どもを育てるために、まずは教職員が楽しもう!~」がおこなわれました。

分散会では、職場についてのそれぞれの実態やとりくんでいること・悩んでいることなどを語り合いました。2日間を通して、真摯な討論やさまざまな体験を通じて学習と交流を深めることができました。


兵教組の全支部や近畿ブロックのすべての単組からの参加があったことは大きな成果でした。近畿ブロック交流学習会で学んだことを支部・分会・組合員へと還流していきましょう!!!

第2回青年部委員会・第43期労働学校を開催

第2回青年部委員会・第43期労働学校を開催
第2回青年部委員会・第43期労働学校を開催
第2回青年部委員会・第43期労働学校を開催
第2回青年部委員会では「平和行動in広島」、「平和行動in長崎」、「平和行動in根室」、「第8回TOMO-KEN(青年教育実践交流集会)」の参加者4人からの報告がありました。そして、各地区でとりくみがすすめられている「教育実践講座」や1月28日(土)に開催される「語り継ぎ学習会」についても確認をしました。
第43期労働学校では、釜口執行委員から「ワーク・ライフ・バランスで仕事の質を高めよう~勤務時間適正化のとりくみ~」と川原副委員長から「わたしたちの賃金と2016対県確定交渉の課題」についての問題提起がありました。参加者からは「ワーク・ライフ・バランスの話はパワーポイントを活用されていて、本部が“見える化”をすすめられているのがよくわかった」「勤務時間や賃金のことについてこれまで勝ち取ってきた権利について理解することができた」「地域手当や給与改定の違いなど知らないことが多かった」という意見がありました。
そして、2016青年部生活・職場実態アンケートの結果からは、「この仕事が自分に向いていないのではないか」「今の仕事・職場をやめたい」「自分の授業や実践に自信がない」と考える不安の声、また、「ゆとりを持って教材研究ができない」「同僚や先輩とゆっくり話す時間がない」「業務改善が実感できない」「毎日忙しく、寝る間をおしんで目の前の子どものために休日も削ってがんばっている」などの声が多くありました。多くの青年教職員が超過勤務、持ち帰り仕事、土日出勤などをおこなっている「多忙」な実態がうきぼりになりました。その問題提起をもとに、各グループに分かれて分散会をおこないました。地区ごとの問題も話し合い、11月の青年部対県要請行動にむけての意思統一ができました。

青年部サマーセミナーが終了しました!!!

青年部サマーセミナーが終了しました!!!
青年部サマーセミナーが終了しました!!!
青年部サマーセミナーが終了しました!!!
初日の講座Ⅰでは、支部の書記長や執行委員を招いて「Let’s 心king~青年世代に 夢と希望を~」をテーマにパネルディスカッションをおこないました。講座を通して、「組合に入って心強かったこと」、「各支部の現状」「縦や横のつながり」、「青年部にもとめること」などを考えました。参加者の中からは「組合について改めて考えるきっかけになった」「自分自身が青年部の一員として組合の意義を知ることができた」「各支部の特色あるとりくみが聞けて勉強になりました」「これから『おんおくり』できるようにがんばっていきます」等の感想が出ました。
二日目の講座Ⅱでは、教育的力量を高める学習活動・交流活動をおこないました。兵教組が提唱する体験活動に重点を置き、自然体験、社会体験、福祉体験などをとりいれた活動にとりくみました。1日を通して活動にとりくむことで、子どもたちだけでなく私たち教職員にとっても『体験』がきわめて重要であり、体験活動によって、「人と人とのつながり」「モノをつくることの大切さ」「協力・協働の重要性」などを実感することができました。
最終日の講座Ⅲは、「これからの職場をアツく語ろう~繋がり、広がり、深めるために、私たちができること~」と題して、それぞれのグループに分かれて学習をすすめました。「職場で困っていること」や「理想の職場」、「2学期から私たちができることは」などについて話し合いました。学校園所で困っている人をどう支えていくのかや青年部として自分たちが今後どのようなとりくみをしていくのかなど多くの意見が出されました。サマーセミナーだけでなく、各自が自分の職場に帰った時、私たち青年がどのように主体的に行動していくべきかを考えられるよい機会になりました。
青年部サマーセミナーは、各地区から選出されたサマセミ実行委員が中心となり、参加者の立場になって全体の内容や講座を企画立案しています。青年部員が主体となって、講座の内容を青年教職員のニーズにふさわしいものにしたり、力量が高められるものを企画したりしています。
このサマーセミナーをきっかけとして、同じ想いをもった仲間が県内にはたくさんいることを実感し、その仲間たちと活動をともにすることで、つながりを感じたのではないでしょうか。青年部サマーセミナーに参加していただいたみなさんは、「人や自然とのであいやふれあいの素晴らしさ」、「体験を通して自ら学び考える喜び」、「働く仲間と語りあいつながりあう必要性」を職場・支部の仲間へとつなげてくれると思います。サマーセミナーへのご参加ありがとうございました。

青年部サマーセミナーを開催します!

青年部サマーセミナーを開催します!
青年部サマーセミナーを開催します!
青年部サマーセミナーを開催します!
全体の内容や講座は、各地区から選出された実行委員が中心となり、参加者の立場になって私たち自らが企画立案しています。企画をすすめていく過程で講座等の内容を青年教職員のニーズにふさわしいものにしたり、力量が高められるものを企画したりしています。このサマーセミナーでは職場・地域・校種・職種をこえた仲間ともつながり語ることができます。一日目の全体会では、支部の書記長や執行委員を招いて「Let’s 心king~青年世代に 夢と希望を~」をテーマにパネルディスカッションをおこない、二日目は講座ごとの活動、最終日には「これからの職場をアツく語ろう~繋がり、広がり、深めるために、私たちができること~」をテーマに講座グループごとの分散会をおこないます。
二日目の参加講座については支部へ参加者の参加講座、班、持ち物などについて連絡をする予定です。各支部からの連絡で確認してください。今年のサマーセミナーのテーマは「繋がり、広がり、深めよう みんなの絆 友・優・悠」です。みなさんで兵教組青年部活動を盛り上げていきましょう!!!


※ 詳細は各支部青年部担当へお問い合わせを