HOME 個人情報について
兵庫県教職員組合

ひょうご芸術文化センター

~すぐれた芸術・文化活動を創造する~

ひょうご芸術文化センターは、1980年に兵庫県教職員組合が、すぐれた芸術文化の創造と普及をめざし、設立しました。兵教組教育文化・社会貢献事業の一環として、毎年、『ひょうご こどもの詩と絵』 の発刊、「子どもと親の劇場」の開催、映画・演劇の優れた作品の推薦等を通して、子どもたちに芸術・文化活動を提供しています。

1.こどもの詩と絵

こどもの詩と絵 こどもの詩と絵

身の回りや社会のできごとを子どもたち自身の眼でとらえ、豊かな感性によって表現する創造的な詩や絵を、県内各支部を通じて募集し、1冊の本に編集して発刊しています。毎年3月に表彰式および発刊記念集会を開催し、子ども・保護者・家族・教職員約500人を超える参加があります。特に、子どもの代表による詩の朗読・絵の説明は、感動的です。

2.子どもと親の劇場

こどもと親の劇場 劇団道化座や貞松・浜田バレエ団と協力し、地域上演活動を推進しています。昨年度は美方郡香美町で、劇団道化座による「スーホの白い馬」の上演を子ども・保護者に楽しんでいただきました。第67次兵庫県教育研究集会「ひょうご教育フェスティバル」では、11月10日(金)西宮市のプレラホールで劇団道化座の「スーホの白い馬」上演を予定しています。

3.アートホール神戸との連携

兵庫県学校厚生会内のアートホール神戸と協力して・連携して「写真公募展~こどもの世界~“愛”」「親から子へ子から親へのハガキ大募集」や展覧会等の活動を推進しています。