HOME 個人情報について
兵庫県教職員組合

兵庫教育文化研究所

リポートやお知らせをご覧になりたい方はこちらをクリックして下さい。 わたしたちの研究と実践(組合員専用ページ)

兵庫教育文化研究所は、1977年に兵庫県教職員組合が設立した教育研究所です。
研究所では、子どもを中心にすえた教育改革をおこない、教職員が教育課程の創造的な編成をすすめるために、研究所員(約110人:県内各支部の組合員)、協力研究所員(約70人:実績を積まれた退職組合員・大学での研究者等)と本部事務局が一体となって教育実践・研究をすすめています。


『兵庫県教育研究集会(ひょうご教育フェスティバル)』
~教職員と保護者・県民が出会い、子どもを中心にすえて教育を語りあう場です~

●毎年11月の第2土・日に開催

分科会

分科会

24の分科会にわかれ、日頃の教育実践をもとに、教職員・保護者・県民のみなさんが語りあいながら、教育研究活動の発展と教育力量のさらなる向上をめざします。

子どもの育ちを考えるシンポジウム

展示・体験ゾーン

「あすをひらく美術教育展」 「科学教室」
「学校給食展」 「絵本の読み聞かせ」
「子ども多文化共生展」 など

展示・体験ゾーン

子どもの育ちを考えるシンポジウム

保護者、学校、NPO、教育行政等が、それぞれの立場から課題解決に向けて、様々な提言がなされます。

ステージ発表・子ども体験発表

ステージ発表・子ども体験発表

子どもたちや保護者、教職員、退職教職員の皆さんの楽しいステージ発表がおこなわれます。
子どもを中心にすえた「わかる授業、楽しい学校づくり」地域と手をたずさえて、子ども・保護者の願う教育改革

教育課程編成講座

●8月上旬

教育課程編成講座
「わかる授業・たのしい学校」の実現をめざした教育課程の編成と創造的な教育研究活動をすすめるため、教育実践の研究・交流を深める場として、毎年8月上旬に実施しています。

教育課程学習会

●12月~2月

教育課程学習会
教育課程実態調査をもとに、子どもの意欲を高め、学ぶ楽しさを生みだす教育課程の創造的編成のために、県内各支部で学習会を開催しています。

部会・授業研究

●教科系9部会 課題別11部会

研究所員(約110人:県下各支部の組合員)、協力研究所員(約70人:実績を積まれた退職組合員、大学での研究者等)で構成され、学校現場と一体となって研究をすすめています。

平和教育実践交流集会より 人権教育部会授業研究会より
部 会
・日本語教育 ・外国語教育 ・社会科教育
・算数、数学教育 ・理科教育 ・美術教育
・音楽教育 ・技術、家庭科教育 ・保健、体育
・生活指導 ・人権教育 ・防災教育
・障害児教育 ・多文化共生教育  
・平和教育 ・男女共生教育  
・食、環境教育 ・情報社会と教育  
・教育課程 ・学校行財政  

所報『こどもと教育』・研究所だより『インターポート』

こどもと教育
所報 『こどもと教育』 を年間3回、研究所だより 『インターポート』 を月1回発行し、「学力問題」や「虐待問題」等、その時々の課題、公開授業研究や「トライやる・ウィーク」等の実践報告を掲載しています。
こどもと教育のバックナンバーはこちら
インターポートはこちら

兵庫発の防災読本 『いのち やさしさ まなび』

防災読本(1) 防災読本(2)

1995年に起きた阪神・淡路大震災以降、兵庫県教職員組合は、教育の復旧・復興に全力をあげてきました。
震災10周年を機に、再度、当時の被災状況や教育関係者のとりくみをふり返りその成果や課題を検証するとともに、今後の教育活動に生かしたいと考え、2005年に兵庫発の防災読本 『いのち やさしさ まなび』 を発刊しました。